借金できるかは事前に借入診断ができるところを選びましょう

借金できるか,確認,アコム,診断

消費者金融のキャッシングは、通常は満20歳以上で、収入が安定していて返済能力も十分にあれば申し込むことができます。

 

しかし、自分が借金できるか不安な時がありますよね。

 

アコムでは、便利なサービスがありホームページで自分が借金できるかを簡単な方法で確認できるようにしています。

 

それが「3秒診断」と呼ばれるコンテンツです。

 

アコムの3秒診断は、年齢、性別、配偶者の有無、他者からの借り入れ件数と借り入れ総額を入力し、診断開始のボタンをクリックすると、程なくして診断結果が表示され、借金できるかどうかを確認することができます。

 

このとき、融資できる可能性があるという診断結果が出た場合は、結果のページから申し込み専用のページを開いて、アコムのキャッシングに申し込むことができます。

 

ただし3秒診断は、キャッシングできるか診断する簡易的なチェックツールです。

 

そのため、3秒診断で融資できる可能性があると判断された人であっても、審査を通過できずに契約ができない場合があるということは留意しておく必要があります。

 

借金できるかどうかの確認をする方法

まとまったお金が必要になったという状況、お金足りない状況において自分が借金できるかどうかということは非常に重要なポイントになります。

 

もし自分は借金ができないということになってしまったのであれば、お金を借りる以外の方法で解決することを考えなくてはなりません。

 

ではこの借金できるかどうかということを確認するにはどうすれば良いかというと、まず行いたいのが個人信用情報の開示請求です。

 

個人信用情報とはそれぞれの人が借金などをしてきた際に付けられる情報であり、誰がどこでいくら借りたのか、いつまでに返済をしたのか、また債務整理や滞納などの金融事故を起こしていないかということが記録されています。

 

この情報は各種の個人信用情報機関に対して開示請求をかければ確認できるのですが、そこに金融事故の履歴があるのであれば、新たな借金はかなり困難となります。

 

また現在の借入額と収入のバランスも非常に重要なポイントです。

 

例えば年収の1/3以上の額を借り入れているのであれば、それが年収の1/3以下になるまで消費者金融から借入をするということはできませんし、収入と支出のバランスが悪くなっていると、基本的に借金は困難となります。

 

最終的な判断は金融機関の審査の結果を聞くことが大切ですが、その前にある程度自分の可能性をチェックしたい場合には、こうしたポイントを確認してみると良いでしょう。

 

借金ができる人とできない人の違い

借金をする際には、その金額の多寡にかかわらず審査が行われるようになっています。

 

審査の中ではそれぞれの人の信用が評価されるようになっており、その中で信用が足りないと言われたのであれば、その人は借金をすることができなくなってしまいます。

 

では借金ができる人とできない人の違いはどこにあるのかというと、まず基本となるのが安定した収入があるかどうかです。

 

現代では多くの人が企業に勤めて収入を得るようになっていますが、その収入があまりにも少ないものであったり、不安定な物であったりするのであれば、その人はお金を借りることができなくなります。

 

また、過去の借入・返済に問題があったという人も借金が難しくなります。

 

例えば返済期限までに返済をしなかった滞納や、自己破産などによって返済を減免した債務整理などの情報が信用情報に記録されているとなると、やはり信用は低いとみなされてしまいます。

 

そのため借金ができる人というのは返済できるだけの収入があり、かつ信用にも優れている人ということになるのです。
関連ページ:
今月のお金が足りないならカードローン
妻に内緒でカードローンって本当に出来るの?
短期の融資ならカードローン、驚愕の便利さ。